<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

藤樹書院 儒式祭典

 今日は、藤樹先生の命日で伝統ある儒式の祭典が執り行われました。儀式の執行者と若者3人、そして裏方役の年配者が藤をあしらった紋付に裃姿で儀式を進めてくださいます。10種の山の幸、里の幸、海の幸を献じ、3度に分けて直径15cm位のお皿に(大かわらけ?)にお酒を注いで献酒し四拝が2度あり、藤樹先生を敬愛して続けられてきたことが十分に感じられました。鯛に鯉、鴨や鶏も姿のままで、バナナが上げられたのも貴重品だった頃を思出ださせてくれました。

 旧暦では8月25日が命日で、2008年が400年祭になるのですが、この儒式祭典は350年の歴史があるそうで、250年祭より現在の形式で執り行われているとのことです。胸の前に右手の4指を左手で包み込む所作や、藤樹先生の教えを読んでくださるシーンもあります。昭和55年に旧安曇川町の無形民俗文化財に指定されています。

 松本孝太郎先生が259年祭の記録を読んで紹介してくださいました。県の代表や郡長、近隣の村長らが出席者名簿に名を連ね、高島郡内の校長先生も多数出席されているようでした。そして、25日には、生徒2200余名、翌26日には、3200余名が訪れたと記録されているくだりには大変驚きました。

 みんな、明徳を明らかにし、夫々が持っている特性を尊ぶ道を共に歩もうと、藤樹規を読み、孝教を唱和していたと思われます。熊沢蕃山の直系の方も参列されており、手を伸ばせば触れるようなところに偉大な歴史の流れがあります。

 また、今年の芋煮(小芋、油揚げ、鶏肉、椎茸、餅)は、格別美味しく、ほのぼのと大洲の肱川も想像しながら頂きました。ご馳走さまでした。
 
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-25 19:03

高島病院は変わる

 10日にブログをアップして以来11日も経ってしまいました。12日は議会の代表質問、13日と14日は一般質問で、延べ25人の議員さんが市政について質問に立たれました。今回の大きな課題はやはり公立高島総合病院の経営再建問題でした。

 これまで広域連合からも改善には取り組んできましたが、平成17年度赤字3億5千万。累積負債総額13億4千9百万円となり、常勤医師の不足や医療制度改革での医業収益の減少等根本的な手立てが打てないまま今日に至りました。

 これまで減価償却費の積み立て分があり決算ができてきたとの説明ですが、市から6億円もの救急などの医療を支える費用も繰り入れていただけに、私の責任も厳しく問われました。今回、病院改革室が資料整理をし、18年度の内容も厳しいことがつまびらかになりました。

 現在、市の幹部と病院の先生方はじめ改革改善に取り組んでいく共通認識ができつつあります。これまで、市の実施する改善策が上からの圧力のように現場で歓迎されていなかったことも分かりました。指定管理の研究もしてきましたが、現場の関係者の合意なしに成功するものでなく、改めて意思疎通に努め、自力再建に挑むことにいたしました。医療の満足も患者さんへの接遇も財政再建も気持ちの方向を一致させる中で達成されると思います。目標期限も定め、まず2年で一定の改善成果を報告したいと話しています。

 監査委員からの厳しく的確な指摘も頂き、改めて市民を守る医療の拠点として、青野院長はじめ関係者と力を合わせて取り組みます。会議では、具体的な改善計画を建てる必要性も認識されており、市外に流れてる患者さんにもしっかり選んでいただける病院にしていきます。

 現在の救急体制の維持にも医師、検査技師、看護師、事務職員、薬剤師など8名が毎夜待機しています。宿直の回数が多く負担も大きい中で、24時間の救急体制が維持されていることは大変なことですし、多くの頑張りについてはどうか感謝の気持ちも伝えてくださると有難いです。産婦人科はじめ市民の皆さんの気持ちに応えられるよう気張りますので、良くしていくためのご助言・ご支援をお願いします。
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-20 18:57

雨ニモ負ケズ

今日は不安定なお天気でコシヒカリの刈入れなどご苦労なさったことと思います。強い雨も降りつける一日でしたが、マキノ中学校と今津中学校の体育祭にご案内を頂きましたので短い時間でしたがお邪魔しました。

 マキノ中は到着するなり校長先生から、先日のマーチングバンドの県大会で優秀な演奏をし、中学校で唯一近畿大会に出ることになったとご報告いただきました。(頑張った成果が出ましたね。おめでとう)。団体競技を中心に組み立てられたプログラムで、丁度ムカデ競争のリレーを観戦。学年ごとに2クラスの対抗で200mトラックを5人一組で一周づつ走り争うのです。大変な競技です。結果、250mほどの差がつきゴール。同じ事をして集中力、結束力などの面が結果になったように見えます。サッカーでよくモチベーションといいますが、何によって若者がよいパフォーマンスを発揮するのか。とても興味深いと思いました。

 今津中学校は、大雨の直後に到着しました。午前中は個人が試される陸上競技の種目で、午後は団体競技のプログラム構成でした。雨でもやり抜くと宣言された校長の気合が乗り移ったようで、1500m競技を拝見しましたが、ハネをあげながら懸命に走っています。種目ごとに先輩の優秀な記録が明示され、伝統ということの大切さも考えさせられました。

 その後、第27回湖西こども美術展の表彰式に臨み、1700展余の出品の中から、約700点が入選し、特選の皆さんが表彰式に来てくださっていました。何と27回です。自分を表現することをもっともっと大切にした教育的風土を作っていきたいですね。27年の歴史に感謝しどう発展させるのか、誰が気張るかもしっかり考えたいですね。

 
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-10 19:21

清水安三育英基金

 高島市には、奨学金制度が3タイプあります。高島屋奨学金は創始者の飯田新七翁が今津町出身であることから百貨店の高島屋さんに創って頂いた制度です。清水安三育英基金は、戦前は中国で学校を興し、戦後は、東京都町田市で桜美林学園を創立された新旭町出身の、清水安三先生に創って頂いた制度です。そして市が資金を充てている奨学金制度があり、これは高校生も対象にしています。

 さて、今日は清水安三育英基金の面接・審査会がありました。作文と面接ですが、成績と家庭の経済状況も考慮します。この時期に募集をし、内定するのは、本当に経済的に困っている学生が、(他の制度も活用することを可としている)、諦めることなく自分の目指す学校に挑戦できるように、希望が持てるようにとの願いからです。

 応募は今津、朽木、新旭からの3人でしたが、3人とも素晴らしい若者でした。うち二人は、脳と心臓という違いはありますが、自分の病気の体験と支えてくださった人との出会いにより、医療関係の学校に行き、作業療法士やレントゲン技師を目指したいと決心を語ったのでした。もう一人の若者は、国際舞台で発展途上国の医療の向上に働きたいと、小学生から持ち続けてきた夢とそれを実現するために、明確な意思で3年間勉強してきたことを語りました。

 三人とも清潔な身なりで、男の子は、制服のズボンの膝に継ぎがあたっていて、本人の誠実さと重なり家庭の温かさまで伝えているように思いました。15分ずつのドラマでしたが夫々に高校生活を精一杯送ってきたことが伝わってきました。

 高島市には、素晴らしい若者がいるのだと実感でき、面接に参加させていただいたことに感謝しています。桜美林学園からも二人の先生がはるばる来て下さり、形式的でない、実のある審査でした。この育英基金は、事情で2人の延滞者はいますが、返済しない人は未だ一人もありません。
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-09 23:32

なるこ参りと明神さん

 9月5日(~6日)は滋賀県で最古の白鬚神社の秋の大祭です。地元高島では明神さんと親しまれ、琵琶湖に朱塗りの大鳥居が立っている姿をご存知の方も多いと思います。特になるこ参りといって、一歳の子どもがお参りに行き、名前を授かり3日間その名を呼ぶと健やかに育つといわれ、お店参りも兼ねて多くの方が訪れます。

 参拝者の中に、麻の着物に番傘を持った方が居られ、伺ってみますと昔はみんなそうして参詣に来られたとのこと。自分の家で織った生成りの麻の一重の着物。そして番傘は、穢れから守る結界の印だそうです。麻の織物が林業の地域では盛んであったことを朽木の長老の話として伺いましたが、とても惹かれるものがあります。詳しい方は是非教えてください。

 行政と宗教は難しい問題がありますが、稲作文化と密接に関係することや、日本の伝統技術の粋が神仏との関係の中で発揮されてきたことを考えると、もっと知りたいと思います。司馬遼太郎さんが「街道をゆく」を書き始められたこの地は、渡来人の足跡が感じられるとのこと。また、琵琶湖の大鳥居は、寛文の大地震(1662年)によるものであるとの説にも出会い、興味津々です。
 さて、「ヒゲ」という漢字は三通りありますが、違いをご存知ですか。
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-06 21:34

大洲市と友好提携

 本日、9月1日午前11時から、大洲城天守閣において大洲市と高島市の友好提携書を交わし、一層の市民の交流の盟約を致しました。中江藤樹先生が10歳から27歳にかけて、郡奉行なども努められ、学問を深め、実践し、同士を増やされた地です。

 そして脱藩の後も、伊予大洲藩から30人にも上る藩士が、現在の高島市安曇川町上小川の小川村へ学びにこられた縁の深い地で、今も藤樹先生を慕い大洲藤樹会を中心に学びの組織があり、生き生きとした活動をなさっています。

 大洲小学校は丁度始業式でした。校庭に「みんなよい顔 よい心」石碑や「良知を致す」の碑、そして少年時代の立像や、青年時代の坐像など、町全体がいまも藤樹先生と話し合われている感じが伝わってきます。

 歩いていると、老婆が声をかけて、「大洲高校の生徒は、藤樹先生の教えを学んでいるから、悪いことはせんのです」ときっぱりと誇らしげに仰った場に立会いました。心のありようについて日本中が迷っているなかで、両市の交流がきっと大切なことを教えてくれるに違いありません。
 
 是非、多くの市民に大洲の空気を吸い、大洲の方々と交流していただきたいと思います。新しい橋が架かりました。映画でうまれた歌は、「橋をかけよう 心のはしを 世界中の 人たち・・・」と歌っています。これから帰ります。 
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-01 16:45

心のセミナーと関西フィル

 二日目の27日は、了佐てらこや小学校でこの夏休みに学んでいる子ども達が、論語の素読を披露して始まり、論語をまちづくりの柱にすばらしい多久市を経営しておられる横尾市長のお話、地元藤樹記念館中江館長、そして実践の人寺田一清先生の講話という日程でした。

 横尾市長の時間は消防の夏季訓練で聴講できず残念でしたが、市長会の研修でお会いしたことがあり、目標にし尊敬している市長さんですし、寺田先生の森信三先生の薫陶を受けてこられた、日常の行為のこそが大事であるとの観点から、挨拶、掃除、腰骨を立てる立腰、食事の作法などのことを語ってくださいました。

 お昼ごはんは、おにぎり2つと藤樹先生縁の「芋煮」(芋たき)一椀で、素朴ながら大好評でした。藤樹先生の求められた道にそって学んでいるような2日間を作ってくださった講師、遠方よりご参加くださった皆様そして地元の関係者各位に感謝申し上げます。有難うございました。再来年は、藤樹先生生誕400年です。

 午後は、新旭町安井川・北畑区のスポーツ大会の開会式に参列し、関西フィルハーモニー管弦楽団のリラックスコンサートに参りました。何と、市民会館(旧今津文化会館)が満席です。クラシックのイベントで一杯になったと我がことのように喜ぶ人が何人も声をかけてくださいました。

 地元の吹奏楽愛好者26人との共演もあり、夏の恒例行事になればとの想いが、ステージの上にも下にも満ちていたように思います。みんなの力を感じながら、アンコールの琵琶湖周航の歌の繊細なオーケストラの演奏に会館一杯のお客さんが歌いました。きっとここでしか持ち得ない空間です。有難うございました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-01 16:28

中江藤樹 心のセミナー

 8月26~27日にかけて、藤樹先生に学び、藤樹先生と学ぶ心のセミナーが開催されました。今回から高島藤樹会の主催で開催され、1万円の参加費をご負担いただきましたが、北は福島県、南は沖縄県から84名もお集まりくださって静かに熱い心を共にして学びました。

「橋を架けよう」合唱で始まり、第1講座は、吉田公平先生の「伝収録の魅力」。「万人の胸中に聖人あり」とする性善説に軸足をおき、改めながらも、次の一歩を踏み出す聖人として、「本当の私の良心」に正直に晴れ晴れと生きることを藤樹先生も読まれ実行されたのだと知りました。

第2講座は伊與田覚(本当は旧字体)先生の孝経をテーマにしたお話でしたが、91歳の先生の背筋の伸びたお姿、張りのある声、風韻に筋の通った学びを通してこられた人生が滲み出て、僭越ながら、立派な存在を前に出来る喜びを感じました。

 孝経をまとめた曾子は、愚直に孔子の教えを実践した人であることを解説くださり、要は私たちが実践するか否かにかかっているのであることを説いてくださいました。
 伊與田先生の導きで孝経を声を合わせて読みましたが、独特の声調と風合いに先人と繋がっているような気になり、掛け替えのないわくわく感を共有致しました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-09-01 16:15