<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

関所を作りたい?

 「これどう思う?」と8月20日付の読売新聞社説のコピーを手渡されました。「地方自治体は、まだ道路が足りない、というが、かなり整備が進んだのが実態ではないか。予算があらかじめ確保されているからこそ、不要不急な道路でも建設が続けられてきた。こうした無駄の繰り返しは、今年度限りにすべきだ」と結んでいます。

 私たちの地域を貫く、国道161号線は、30年間バイパス工事の完成を待っています。今なお、土日や行楽シーズンの午後は、京阪神方面へは時間予測ができないほど渋滞し、救急車の搬送もままならないことがあります。交通事故の危険箇所やボトルネックの難所の解消が急務です。

 また、冬季は、降雪地域であるので、雪による事故で通行止めが頻発し、経済活動にも影響が少なくありません。途方にくれつつも、だんだん整備されていくことを願って暮らしているのです。「かなり道路整備が進んだ」と一方的に予算をカットされる、地方の道路整備が不要のものとされる見方を容認することはできません。本当の無駄遣いは何でしょうか。

 私たちの生活道路を機能麻痺させるのは、都市機能を支える通過車両であり、行楽シーズンは他府県ナンバー車です。その利益の殆どが都市の売り上げとなり、税金となります。(ごみは別)。私たちは、関所を作り通過車両に改良費用を徴収することはできません。それが道路特定財源で再配分される仕組みで解決されているのではないでしょうか。

 今年3月、国道367号線が崩落し、通行止めになり、京阪神と若狭地域を結ぶ動脈が死んだような状態になりました。3ヵ月後、仮設橋で通行を確保頂いたが、国道367号線とともに、危険箇所の改良はまだまだです。国道で落石にあいお亡くなりになった方もあります。

 無駄な事業は終わりにしていただいて結構ですが、地方はおねだりばかりをしていると決め付けないで、地方国道などのインフラの未整備な実態をしっかりと見て報道していただきたいと訴えます。
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-25 20:03

報道と現実の狭間(高島病院へのエール)

 今朝の京都新聞に、高島病院の指定管理者導入がすぐにでも実施されるような見出しで掲載ているのをみて、大きな戸惑いを感じています。

 昨日、助役以下市側の幹部と病院幹部の協議のなかで、「病院の財政再建にむけ、指定管理という民間の運営参画の手法を検討しつつも、それまでに自力で、病院現場と理事者である市が再建にむけて、今一度最大限の努力をすることを確認した」と報告をうけ、一歩信頼関係が深まり、青野院長と力を合わせて頑張っていこうと話し合った矢先だったからです。

 一定期間、全ての関係者が真摯に努力をし、それでも再生が難しく、指定管理が最善の方法と合意するにいたったら、その道を選ぼうというものです。
 自分たちの力で病院を再生させたいとの思いは、疑う余地のないものです。ただ、公務員体質と指摘される「甘え」の脱却なしに、財政再建も患者本位の医療もなしえることはできないことに気づいてもいます。

 高島病院は、市民の医療と安心の要であり、日々の救急はじめ、必ず受け入れてくれる病院が地域にあることは、当たり前に思っていますが、本当にかけがえのないことです。

 今、患者本位の医療、そして、一定の経営的な健全性を回復するための決意を、市・病院関係者だけでなく、市民の皆さんとも共有できるように努めていきます。
 
 国道303関係の要望で出ねばならず、丁寧な表現でないことが気がかりですが、報道などの問題提起をきっかけにして、よい結果に結びつくようにみんな良知をいたしましょう。


 
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-22 11:11

静中動

 8月6日は、朝5時から実践倫理宏正会の記念朝起会にご案内いただき、安曇川会場にお邪魔いたしました。先師上廣哲彦先生が広島で被爆され、その後苦難のなかから立ち上がり、今日の倫理で国を興していく実践活動の輪を創ってこられたことに感謝され、会員が家族愛和はじめ、今日一日をしっかり全うすることを誓われる日で、緊張感と爽やかな1時間でした。

 その後、今津中学校のボート部による、琵琶湖周航出発に立会いました。貴重な体験ができることは何より仕合せなことですし、このような冒険を支えてくださる伝統と陰の力があることを誇りに思います。

 原子爆弾の残虐性が問われますが、家庭や教育機関の中で起こる事件をどう考えるといいのでしょう。戦争する当事者は夫々に正当な論理があるといいます。違う考えが折り合うには、自分の家族にとって悲しいことは、相手の家族も同じだろうと思える情の存在だといわれます。 私たちは、子どもたちの心情を育てるより、知識や論理ばかりを教育の対象にしていないでしょうか。

 8月26・27日に開催予定の、中江藤樹「心のセミナー」には、すでに80名以上の申し込みが寄せられているそうです。今年からは参加費を頂き(1万円、宿泊費別)みんなでセミナーを支える方式で開催する形にいたしましたが全国から「良知の里」を目指して集ってくださいます。

 土曜日の単独登山者の行方不明捜索は、無事保護で終われましたが、警察、消防、消防団、地域の市職員はじめ多くの方が関わりました。皆さん用事もありましたでしょうに有難うございます。教訓から一歩何かを考えたいです。

 この暑い中、高島市消防団から朽木チームが猛練習を重ね、県消防大会に挑んでくださいます。消防団の日ごろの活動に感謝申し上げ、健闘を祈ります。
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-09 10:49

夏 本番

暑い日が続きますが、高島は元気一杯で夏祭りやイベントが目白押しです。
土曜日は、今津総合グランドで40チームが参加しての第1回琵琶湖高島ジュニア・サッカーカーニバルの開会式で歓迎と激励の言葉を述べました。炎天下で水分補給の時間を盛り込んでの試合です。国際大会の過酷さに匹敵するのではないでしょうか。

その後、彦根で行われた県と市町職員の勉強会「チョウチョの会」にパネラーで参加しました。元三重県知事の北川正恭さんが滋賀で講演をされて以来、自分達で学び風を起していこうとする志高い勉強会です。
 
 「ちょうちょ」の由来は、北川先生の「北京の蝶々」の話で、カオス理論のバタフライ効果だそうですが、北京で蝶が羽ばたけばニューヨークでハリケーンが起こりうる?のだそうです。ともかく、県庁の星の本も読みましたが、変わろうとする、立ち向かおうとする意思がそれまでの停滞を打破します。脱皮しない○○は死んでしまうそうな。

 夕方からは、今春快水浴場100選に選ばれ、特に湖の部特選になったマキノサニービーチで開催された、マキノ・サマーカーニバルにお邪魔しました。関係者の気合が違います。400者から300万円を越えるの寄付や協賛を集められたとのこと。心意気を打ち上げたような今年の花火は、関係者の皆さんには、さぞ爽快だったことでしょう。

 高島町では「100m金魚すくい」とのこと。昨年は、ペットボトルにキャンドルを浮かべ大きな市章を点してくださいました。唸らせてくれます。
 14日には、朽木で花火が上がります。渓谷に心意気がこだまする。車に気をつけてお出でください。R367は17トン以下の車は通れます!
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-09 09:19

フクロウとまくわ瓜

ここ一週間ほど、毎夜フクロウが鳴いていましたので、昨夜はフクロウの声がせず、どこへ行ったのだろうと心配になりました。私たちの生活のエリア内で亀やフクロウやいろいろな生き物が命をつないでいっています。小さな命の息遣いを大切に感じる心を大事にしたいですね。

 昨日、8月1日はずっと琵琶湖祭りとして親しまれてきた日です。きのうも滋賀県ビジターズ・ビューローの主催でビアンカクルーズで竹生島参りのツアーが行われ、夕方、今津港に寄港しされました。180名のお客さんを愛隣保育園の鼓隊の演奏と園児の琵琶湖周航の歌で歓迎し、ガールスカウトのカラーガード隊の先導で今津の夏祭りにご案内しました。

 ちょうど港でおいしそうな真黄色の「真桑瓜」を売っていらっしゃったので買い求めました。
 帰って、立派な「まくわ」を前に”まくわ談義”をしました。美味しいのはご存知のように、頭やお尻に鉢巻を巻くように茶色いひびが入って熟れて香りが高いものです。でもそれが売ってないなあ。きっと商品に出す際に傷物扱いになるので、出荷は無傷でないとあかんのと違うか。などなど。

 美味い「まくわ」は、産地でないと食べられない。きっとトマトはじめ野菜や果樹もそうでしょう。本当に美味しいものは産地にあり。これが高島の大きな魅力の一つであることは、いうまでもありません。子どもたちに真桑の美味しさと、郷土の豊かさを伝えたいですね。。
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-02 13:31

青少年の旅

 現在、高島市の中学生12名による代表団が中国の北京市にある陳経綸中学校を訪問しています。これは1921年から1945年にかけて、高島市出身の清水安三翁がキリスト教の牧師として貧しい子どもたちを集め、文字を教え、手に仕事をつけ生きる力を備えさせようと育てた、崇貞工読女学校、後に崇貞学園のご縁です。

 学校は、発展著しい日本大使館もある朝陽区にあります。現在は篤志家の名を戴かれ陳経綸中学校となっていますが、校庭には日本の友人清水安三が始めたと「刻まれた大きな石碑があり、立派な胸像が置かれています。数年前に反日の声が高かった時に、この像の設置に反対する学生の声が上がったそうですが、その折も学校関係者の説明で沈静化したと伺いました。

 また現在、北海道ニセコ町から20名の小学生からなる代表団が高島市に滞在中です。昭和53年にカタカナの町同士で交流を始められたとのことです。梅雨のない北海道から、湿度の高い高島への旅ですので体調管理が大変なようですが、それも貴重な経験と10回めの訪問団は元気いっぱいに今回の旅の目標を語ってくれました。5・6年生でしたが、全員ががはっきりしっかり話されたことに驚きました。

 ふじみ野市のプールの事件を受け、市内公共施設に安全管理と注意喚起を総務部長から通達いたしました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-08-01 19:46