<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

守口市と友好・相互援助協定

 4月25日午後1時から、守口市役所において、旧安曇川町が昭和56年から四半世紀に亘って育ててこられた、大阪府守口市との友好関係を、高島市も継承し、更に災害時には、互いに応援する協定を締結いたしました。一層の交流などが期待されます。

 式には、守口市の喜多市長はじめ正副議長、助役、教育長さんが出席され、高島市側は、森江副議長、玉垣教育長、高野防災監、沢田企画部長らが出席。なんと署名は、高島硯と雲平筆が用意され両市長で署名交換いたしました。

 守口市は、松下電器の大きな工場があり、三洋電機が独立発展されたご当地でもあり、12平方キロに14万人がお住まいで、20小学校区あるとのこと。法人税が一時は80億あったが今は15億で大変だと、財政的にご奮闘の一端も伺いました。庁舎は、昭和26年から大切に使っておられ、大阪では一番歴史があるとか。

 人件費の抑制や、19ある保育園のうち8保育園施設を民間に無償で運営委託されたことを「侍商法ではあきませんわ」とお話になり、昨年退職金制度の改定で、一挙に100人の職員が退職されたことなどにも話が及びました。議員定数は、現在30人で次回から22人にされることに決まったそうで、歳費は10%自主的削減で62万円/月とのことです。

 あの大塩平八郎の書院が市役所のすぐ近くにあり、市長さん自ら案内をしてくださいました。丁度、藤樹記念館では、大塩平八郎が中江藤樹先生を敬愛し、奉納された書籍や立派な書を企画展で展示中です。陽明学の知行合一を実践された大阪東町奉行所の与力が、小川村の人々に藤樹先生のようだと慕われたことも偲ばれ、義挙で「大塩の乱」を起こした際、小川村からそれに加わった方があったと藤樹記念館の館長さんから4日前に教えられたところです。
 
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-26 04:18

カタクリの花と白谷温泉

 マキノ白谷温泉の改築工事が完了し、本日、竣工式が行われました。強い風でテントが飛びそうでしたが、桜吹雪の晴れやかな空の下で滞りなく式も進みました。天然ラドン温泉で泉質がよく、昭和52年から八王子荘として愛されてきた歴史があります。年間4万5千人程の利用実績で地元の方が約7割でした。

 この事業は、旧マキノ町が原子力発電施設周辺整備基金として5年間で1億4千9百万円積み立てて準備してこられたものに、辺地債を1億円(80%が交付税補填)、地域福祉基金を4千2百万円、県補助金3千140万円などを引き当て、用地造成工事も含め総工費3億6千250万円で実行したものです。

 地元の方は、以前の入浴料50円が500円になるので合併で高くなったとお感じですが、500円のうち150円は入湯税であり、350円で維持していかねばなりません。独立採算制を原則とし、指定管理者により運営していくことになっています。体と心を温める拠点として、多くの方にご利用頂きたいです。食事、宿泊もできますので、是非ご利用ください。5月1日から営業です。

 これ幸いと、帰りにマキノ・ピックランド周辺にカタクリの花が咲いていますのでちょっと寄り道して見てきました。もうそろそろシーズンも終わりのようですが、可憐な花に出会うことが出来ました。実は初対面です。きれい事でなくカタクリの花がいつまでも咲く環境を守りたいです。素晴らしい資産を次世代に引き継ぐ責任があります。

 今日の正午から、国道367号線の仮設道が普通車通行可能となりました。少し不自由さが解消されました。関係者の皆さん有難うございました。引き続き大型車の通行まで共に気張りましょう。また、今日は経済特区の初年度事業実施に向け協議を致しました。これから、ビジネスプランの提案も受け付けていきます。チャレンジできる高島市に!
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-24 19:08

がんばれ朽木

 先日の日曜日、国道367号線の土砂崩れによる通行止めで血液が止まったかのような状況の朽木地域で、元気を出していこうと朝市で桜祭りが行われました。関係者の意気込みも強く、OBC高島の監督・選手ら12人も駆けつけてくださり、完売のお店も出て久しぶりに賑やかな朝市が立ちました。

 道のほうも、24日(月)から普通車が通行可能になります。梅雨までに大型車が通れる仮橋をかける計画ですし、市も村井橋の補強工事を緊急課題で実施する予定です。雨が降るたびに水位が気になりますが、祈るような気持ちは、地元の方のほうが強いに決まっています。何とか、仮橋完成まで、歩道や仮設道路を流すようなことがありませんように。

 さて、「くつきの森」でも指定管理者となった「麻生里山センター」のスタートセレモニーとお食事会があり、地元の方や、元朝日の森で育ったグリーンボランティアの方や、くつきの森応援団が80余人集まり、和やかに祝いあいました。これで、森を舞台に思い切った活動をしていただけます。村おこし公社でお世話いただいた方には、この場で感謝申し上げます。

 これからくつきの森から新たな森林文化を発信していく意気込みが溢れていました。地元の人、都市部の人、自然体験活動に詳しい人や、山や林業を生業とする人。地元山菜で旨い料理をつくって下さった丸八レディースやジャズを演奏してくださった小柳さんと小野さんはじめ、みんなの力で動きが始まりました。具体的なプログラムが目白押しです。私も家族と参加したいと思っています。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-20 17:40

桜満開、高島へいらっしゃい

 自宅近くのお宮さんの桜も、ようやく満開。その下を子ども達が集団登校していきます。
明日から海津でパーク&バスライド。桜百選にも選ばれた桜並木を堪能していただけます。戸惑うこともあると思いますが、桜を守り安全にお楽しみいただく方策ですのでご協力をお願いします。
 また、朽木でも朝市はじめ頑張ろうキャンペーンをしてくださいます。本日4時に歩道仮橋の通行が再開されました。是非春の朽木にもお回りください。市民・商店挙げてお待ちしています。

 さて、昨夜ブログに書いた、公共施設の有料化のことを考えています。すると如何に喜んで払っていただけるかまで、考えられていないことに気がつきました。
 また、利用者の方も、新たな工夫や取り組みによってそれを解決したり、更なる資金獲得の方策を考えることをしていないことにも。

 今迄どおりの何でも公費負担は続けられなくなりました。そこをどう工夫していくかの段階に入ったのだと思います。ともかく財政再建で予算を編成しましたが、改めて心をこめて進めていくことを考えたいと思います。

 今日は、申し込みを頂いた方と懇談をする日でした。保育士の人事異動でお母さんを失ったように不安を感じていると訴えに来られたお母さんの話を聞きました。親身になって保護者のことも受け止め保育いただいていた保育士さんが浮き彫りになりました。懇談会の運営や、一緒に研修の機会をつくる話ができました。歩み寄り、解決のために何が出来るかを話せてよかったです。

 まだまだ対応の出来ていない分野があります。切り捨てのような状況になっていないか気になります。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-14 17:06

第二次 三位一体改革

 4月11日に東京の都市会館で「地方の視点による分権型社会ビジョンの構築」をテーマに、第4回 市長フォーラムが開催されました。基調講演は、「地方分権の更なる推進にむけて」と題し西尾勝氏が登壇されました。氏は地方分権推進委員や21世紀臨調の共同代表などを歴任されています。

 かなり突っ込んだ話をされる西尾先生の生の声を聞きに上京したのですが、先般の竹中総務大臣の交付税の6兆円削減発言が新聞の一面を飾った流れが一定理解できました。地方自治体を擁護する立場だった総務省が正面から6兆円の削減を打ち出したと驚いたのですが、三位一体改革のトータルプランでは、10兆円の削減を織り込んでいるというのです。

 第1期の三位一体改革で、交付税の4兆円削減と3兆円の税源委譲が達成されましたが、第2期で、4~6兆円の削減と税源委譲や一般財源化を行い、自治体の自由度を拡大することを目指すというものです。しかし、人口が少なく面積の広い、行政コストが高く税財源の乏しい自治体の実態は、十分理解されていないのではないかと思わずにはいられませんでした。

 パネルディスカッションでは、補助率が下がって関与が残っていることへの批判や懸念が述べられたり、第1期の三位一体改革では、分権による地方自治体の自由度は拡大しておらず、今のままなら、しなかったほうが良かったとの発言が大勢でした。しかしながら、これからが正念場であり、自治体が主体的に自治体経営を考えるべきという論調でした。

 これから立ち向かわなければならない近未来と、市民の心情の乖離が最も気がかりです。今日も、施設利用料の有料化反対を決議したと文化協会の幹部が来庁されました。内部で対立している場合ではありません。一層説明にも努めます。お互いに知恵を出しあい財政再建を果たしつつ、次なる大波に備えることが大事だと考える次第です。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-13 22:31

小・中学校入学式

 本日、市立小学校に501人の新1年生が誕生いたしました。
マキノ東小(15名)、マキノ西小(11名)、マキノ南小(15名)、マキノ北小(3名)今津東小(116名)、今津北小(21名)、今津西小(0)、朽木東小(17名)朽木西小(1名)広瀬小(14名)、安曇小(46名)、青柳小(35名)、本庄小(18名)高島小(63名)、新旭南小(58名)、新旭北小(68名)  計16校501名

 中学校は、マキノ中(63名)、今津中(117名)、朽木中(26名)、安曇川中(138名)高島中(72名)、湖西中(119名)の6校に535人です

 午前中は、マキノ東小学校の入学式に出席し、15名の新入生にお祝いを申し上げました。印象的だったのは、教科書の贈呈式が織り込まれていたことです。一人ひとりに校長先生から手渡されました。しっかりとした返事をし、来賓紹介で、夫々の「おめでとう」の言葉に「ありがとう」と応えてくれました。子どもの心は、素直で清いものだと再認識しました。

 午後は、安曇川中学校に参りました。大きな体育館いっぱいで、新入生138人。これからいっぱい元気が出てくるのでしょう。 
 高島市でも、子どもの数がだんだんと少なくなっている現実があります。しかし、子ども一人ひとりの尊さが変わるものではありません。しんどい部分も確り支えられるように心を配ります。学校ごとの特徴を活かした活動が活発に展開されることを期待しています。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-10 19:49

「止まない雨は、ないよね」

 冒頭の言葉は、先週末に参加した、滋賀県断酒同友会の高島支部15周年記念例会で、女性医師が励ましを込めてお話になったフレーズです。アルコール依存症になり、自分も家族も仕事もぼろぼろになっていった地獄のような日々から、入院治療ののち、断酒継続に立ち向かっている方々に出会いました。

 知らなかった世界でした。凄まじいまでの体験を、本人も家族も、告白するように仲間の前で語り、互いに励ましあって酒から決別する努力を、正に一日一日と続けておられます。この記念例会には、県内の各地や近隣の府県からも参加があり140名余の集いでした。(内32名は医師や保健師など応援団の立場の方でした)

 この断酒会の存在を十分に認識し、且つ重要さを痛感しました。病気としてのアルコール依存症への理解も無かったですし、この活動を陰になって支えて来てくださった行政職員さんにも改めて敬意と感謝を申し上げたいです。人間の弱さも、強さも両方を目の当たりにした時間でした。みんなで手をつないで輪になって断酒の誓いを唱和し、バンザイして閉会しました。

 一番小さい体で家族の体験発表されたKさんは、私が24年前に役場で始めて保険に入った方でした。ご主人が寝ているうちに「パンストで首絞めて殺そうと思った」との話に、苦労しておられたことを知りました。今、希望のなかで夫婦・家族がにこやかに過ごせるようになられて本当によかったです。今この時にも地獄のような思いをなさっている家庭がある。重たい現実です。見て見ぬ振りだけはしないようにせねば。そう思いました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-09 21:32

県版特区第4号に認定

 本日午後1時より県庁で認定書授与式があり、滋賀県知事より、高島市が「びわ湖・里山観光振興特別区域」に認定されました。これにより、里山観光を目的とした民間事業の不動産取得税の減免などをはじめ、財政支援の制度もあり、市の振興策と合わせて活力を生んでいきたいです。今日まで頑張ってくれた職員にまず感謝を致します。そして、高島市営業開発室を中心に、このチャンスを市内外の方々と活かしていく努力をはじめます。

 県庁の幹部の方々にも年度始めのご挨拶に伺いましたが、滋賀国道工事事務所長さんのところにもお礼とご挨拶に伺いました。高島市民の念願する国道161号バイパスのことについて、これまでの難問を解決していただき、交通安全対策を推進していただく道をつけてくださいました。事故が起こると迂回路がないため救急車も困る現状です。湖西道路の無料化以降、通行量も増えており、光が射してきた感じです。有難うございました。

 朽木の村井地先で土砂崩れにより通行止めになっている国道367については、歩行者用の仮設道が入学式に間に合わせていただける運びとなり、これも県や工事関係者のお陰と感謝を申し上げます。何とか、ゴールデン・ウィークまでに普通車だけでも通れるようにとお願いをしており、そのことにも応えられるようご努力いただいていると報告を受けました。

 ただ、大型車の通行が確保されないと、朽木だけでなく、若狭も大津の葛川も動脈が止まったような状況は解決されませんので、一日でも早い大型車通行可能な仮設橋を嘆願しています。4月3日には、山下英利参議院議員も駆けつけてくださり、大津市の正副議会議長さんや葛川自治会の役員さんらと共同で、勿論地元議員さんも同行頂き、知事に要望いたしました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-06 18:57

平成18年度スタート

 新しい年度がスタートしました。今朝は、8時30分から新規採用の職員2名と教育委員会に割愛で来て頂く県からの幹部職員3名、そして林業政策に力を入れるために割愛で県から招聘した職員1名、朽木診療所に赴任いただく医師1名、そして、消防署の新規採用者2名には消防長から辞令交付を致しました。

 続いて9時から、部長・次長が勢ぞろいし、新しい職責を命じる辞令交付を致しました。手続きではありますが、若い新規採用職員の高潮した顔も、ベテランの職員も、意気新たに気張っていこうという思いが共有できたと思います。少し自分も新しくなれたような。

 高島市の第2章が始まりました。改めて、挨拶を確りしていくことから始めます。礼に始まり、礼に終わるとは、単に武道の試合の作法ではないような気がしてきました。もしかしたら、礼に極るのかもしれません。

 高島市商工会が本日誕生したことと存じます。会員のために、また、地域のためにご活躍くださらんことをお願い申し上げます。ここまでご苦労を頂いた方々に、心からの敬意と感謝の気持ちを捧げます。時代の変わり目は大変ですが、共に頑張りませう。

 市長室の整理を始めたら、整理できそうになくなってきました。
[PR]
by hi-kaito | 2006-04-01 13:46