ありがとうございます

 大晦日を迎えました。今年は100年に一度といわれる不透明な年の瀬です。市役所もできるだけの支援策を実行していく決意です。合併から4年、スタート時のことを思うと、高島市の形や方法が出来上がってきたと思います。そして、熱心な職員の力が前向きに発揮されるようになり、一年づつ単なる変化でなく進化していると確信しています。

 この経済ショックは、本当の幸せを考える機会を与えられていると思います。競争一辺倒の市場原理主義から、幸せや環境の永続性を尺度に加える、生活合理主義へ揺り戻されていくでしょう。これからが高島の出番です。汗して働けば家族で食べていける安心社会を作る。そしてよろこびと楽しみを創り出していける私を育てて行きたいですね。

 大晦日は市内の多くの神社で「大祓い」(罪穢れを流して新しい自分になって新年を迎える神事)が行われています。除夜の鐘も煩悩の数を撞くと申します。甦りや生まれ変わりへの信仰でしょうか。
 市長に用いて頂き、有難うございました。重ねてブログ読者各位には、17年6月からお付き合い頂き心から感謝を申し上げます。結びに、市民の皆様、読者の皆様のお仕合わせを心から祈念申し上げ、結びの福禄(ブログ?)といたします。

ありがとうございます。一定再見!  海東英和 拝
[PR]
by hi-kaito | 2008-12-31 14:31
緊急経済対策窓口 開いています >>